新釈輿地図説




Metadata
Description
蘭書から小関三英が抄訳した『新撰地誌第二稿』の一部分を崋山が筆写校正したもの。原書はオランダ人プリンセン(Pieter Johannes Prinsen 1777-1854)の『世界地理書』(Geographische oefeningen)第2版(1817)である。冒頭の部分は三英の訳文に相当の修訂が加えられ、欄外には按文が付され、崋山の筆写校訂の意図が窺える。蛮社の獄(1839)の際に幕府が没収したもので、当館所蔵の「旧幕府引継書」のなかに含まれていた。崋山(1793-1841)は三河国田原藩士。天保3年(1832)に家老として海防を担当、本格的に蘭学研究を開始した。小関三英、高野長英等の蘭学者を通じ世界地理書、歴史書、兵学書等広範な書物により海外事情を学び、日本の現状を客観的にとらえる必要性を説いた。蛮社の獄で逮捕され田原に蟄居、自刃した。

Katakana Title (converted automatically with Pykakasi)
シンシャクコシチズセツ

Roman Title (converted automatically with Pykakasi)
shinshakukoshichizusetsu

Title Translation (with Google Translate API)
Shinkyō ceremonial illustration

Entity (with Google Natural Language API)

License
http://dl.ndl.go.jp/ja/iiif_license.html

Persistent ID
info:ndljp/pid/2532343

Title
新釈輿地図説

Publisher

Call Number
WA21-5

Bibliographic ID
000007298322

Access Restrictions
インターネット公開(保護期間満了)

URL
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2532343

Creator
渡辺崋山

Database Label
国立国会図書館デジタルコレクション National Diet Library Digital Collections

Digitized Publisher
国立国会図書館 National Diet Library, JAPAN