日域海路図




Metadata
Description
日域(にちいき・じちいき・じついき)は、日が照らす範囲をいい、日の出るところの意から日本の異称でもある。巻いて保存するが元は折り本。釜山から江戸までの通信使の経路を朱線で記入した朝鮮製日本図。申叔舟「海東諸国記」にみられるような行基式日本図ではなく、江戸時代初期の日本図の海岸線が採用されている。図末に各州(国)の田地面積(町)と国の大きさ(四方三日半程、南北三日程など)を列記。国別の田地面積は「和名抄」「拾芥抄」また「海東諸国記」等にもみられるが、本図の数値は「南膽部州大日本国正統図」(16世紀中頃の作とされる唐招提寺蔵写本、寛永ごろ刊とされる版本など)、「運歩色葉集」(天文17年ごろ)と一致、ないしほぼ一致するものが多い。

Katakana Title (converted automatically with Pykakasi)
ニチイキカイロズ

Roman Title (converted automatically with Pykakasi)
nichiikikairozu

Entity (with Google Natural Language API)

License
http://dl.ndl.go.jp/ja/iiif_license.html

Persistent ID
info:ndljp/pid/1286198

Title
日域海路図

Publisher

Call Number
WB39-1

Bibliographic ID
000009999910

Access Restrictions
インターネット公開(保護期間満了)

URL
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1286198

Database Label
国立国会図書館デジタルコレクション National Diet Library Digital Collections

Digitized Publisher
国立国会図書館 National Diet Library, JAPAN