扶桑國之圖




Metadata
Description
行基図型の日本図から、官撰図を反映した近世の日本図に移行する最早期の刊行日本図。いわゆる「慶長日本図」の図形に近いが、やや横長の紙面にあわせて、東北地方が圧縮されている。彩色で国別、国名と郡数を表示する。城下には城のかたちと地名。図の下端に道別の国高、行基菩薩由来とする地図の説明、および内外の里程につづいて刊記。寛文二歳九月吉日伏見屋。近世図への先駆的な姿として、行基菩薩への言及、地図北端の鴈道、南端の羅刹国、山城を中心とする道線など、中世以来の行基図の形態も残している。寛文5年、同6年に再版がある。

Katakana Title (converted automatically with Pykakasi)
フソウクニユキズ

Roman Title (converted automatically with Pykakasi)
fusoukuniyukizu

Entity (with Google Natural Language API)

License
http://dl.ndl.go.jp/ja/iiif_license.html

Persistent ID
info:ndljp/pid/2542558

Title
扶桑國之圖

Publisher
伏見屋

Call Number
わ-112

Bibliographic ID
000010802248

Access Restrictions
インターネット公開(保護期間満了)

URL
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2542558

Publication Date
寛文2 [1662]

Publication Date (W3CDTF fortmat)
1662

Database Label
国立国会図書館デジタルコレクション National Diet Library Digital Collections

Digitized Publisher
国立国会図書館 National Diet Library, JAPAN