阿毘達磨大毘婆沙論卷1




Metadata
Description
元代刊本。普寧寺版大蔵経のうちの1巻。普寧寺版大蔵経は至元年間(1264-94)に杭州の大普寧寺で開版された私版大蔵経。別称、元版一切経。日本にも多く伝来し、「大正新修大蔵経」の対校に用いられた増上寺蔵本などが現存する。本版は至正年間(1341-67)印本。「至正年月日」(年月日の数字は空白)の大蔵経印成願文を本文と別紙で帖末に貼付し、高麗国通直郎典校寺丞李允升夫妻が父母の追善のため印成し、古阜郡万日寺に奉献する旨を記す。「阿毘達磨大毘婆沙論」は北インドの仏教宗派・説一切有部の根本聖典「発智論」を解釈した論著。200巻。唐玄奘訳。

Katakana Title (converted automatically with Pykakasi)
アビダルマダイビバアサロンカン1

Roman Title (converted automatically with Pykakasi)
abidarumadaibibaasaronkan1

Title Translation (with Google Translate API)
Abida Takao VIPASA ___ ___ 1

Entity (with Google Natural Language API)

License
http://dl.ndl.go.jp/ja/iiif_license.html

Persistent ID
info:ndljp/pid/2532092

Title
阿毘達磨大毘婆沙論卷1

Call Number
WA3-20

Bibliographic ID
000007612078

Access Restrictions
インターネット公開(保護期間満了)

URL
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2532092

Creator
唐釋玄奘譯

Publication Date
元刊

Publication Date (W3CDTF fortmat)
1000

Database Label
国立国会図書館デジタルコレクション National Diet Library Digital Collections

Digitized Publisher
国立国会図書館 National Diet Library, JAPAN