本草名家真跡




Metadata
Description
書名は表紙書題箋による。高名な本草家・医家等の書簡、メモ、スケッチ等を1帖に張り込んだもの。主な本草家・医家等の名前を挙げると、貝原益軒(1630−1714)、稲生若水(1655−1715)、小野蘭山(1729−1810)、佐藤成裕(1762−1848)、水谷豊文(1779−1833)、飯沼慾斎(1783−1865)、岩崎灌園(1786−1842)、宇田川榕菴(1798−1846)、伊藤圭介(1803−1901)等である。本草は中国医学で用いる薬物に関する学問で、自然界に産する動物、植物、鉱物を対象とするが、植物が主体なので本草と称する。わが国でも、江戸時代になると本草研究が大いに発展した。本書は、本草学史の研究で著名な植物病理学者、理学博士白井光太郎(1863−1932)の旧蔵書である。

Katakana Title (converted automatically with Pykakasi)
ホンクサメイカマコトアト

Roman Title (converted automatically with Pykakasi)
honkusameikamakotoato

Entity (with Google Natural Language API)

License
http://dl.ndl.go.jp/ja/iiif_license.html

Persistent ID
info:ndljp/pid/1288420

Title
本草名家真跡

Publisher

Call Number
寄別10-54

Bibliographic ID
000010868167

Access Restrictions
インターネット公開(保護期間満了)

URL
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1288420

Database Label
国立国会図書館デジタルコレクション National Diet Library Digital Collections

Digitized Publisher
国立国会図書館 National Diet Library, JAPAN