三国仏法伝通縁起 3巻




Metadata
Description
インド、中国、日本における仏教の伝播の歴史を概説した書。鎌倉時代の東大寺の僧凝然(1240-1321)の著。応長元年(1311)成立。凝然は当時有数の学僧として知られ、『八宗綱要』など多数の著作がある。古活字版は慶長から元和にかけ3種が知られる。巻末の刊語は、応永6年(1399)刊行の東大寺版のものをそのまま残している。印記「松」、「淳風堂章」、「高木家蔵」(高木利太)。巻末原刊記下方に「湖東柳野/尠覚寺」の墨書がある。

Katakana Title (converted automatically with Pykakasi)
ミクニブッポウデントオリエンギ 3カン

Roman Title (converted automatically with Pykakasi)
mikunibuppoudentooriengi 3kan

Entity (with Google Natural Language API)

License
http://dl.ndl.go.jp/ja/iiif_license.html

Persistent ID
info:ndljp/pid/2532170

Title
三国仏法伝通縁起 3巻

Publisher

Call Number
WA7-128

Bibliographic ID
000007294615

Access Restrictions
インターネット公開(保護期間満了)

URL
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2532170

Creator
凝然

Publication Date
[元和寛永年間]

Database Label
国立国会図書館デジタルコレクション National Diet Library Digital Collections

Digitized Publisher
国立国会図書館 National Diet Library, JAPAN