厳島の御ほん地




Metadata
Description
室町物語。明暦3年(1657)の写。やや厚手の楮紙を袋綴じにした大型の写本。行数も13行から17行と統一もなく文字も下手だが、記述は版本に比して古体を保つ。天竺東城国の大王の子善哉王は扇に描かれた美女を恋して病となる。はるか遠くの西城国の王の三女が美女と聞き歌を贈り、自ら出かけ契りを結んで連れ帰る。大王の1,000人の后たちはこの后を妬み、謀って深山に連れ出し首を打ち落とす。死の直前に生まれた王子は、首の無い母の亡骸の乳を吸い、獣に守られて育つ。のち善哉王は王子を尋ね当て、后の白骨と首を求めて、相人の術により后は蘇生する。親子3人は国を出て日本の安芸の国の厳島大明神として顕れた。『熊野の本地』の五衰殿の女御の話に酷似する。(岡雅彦)(2016.2)

Katakana Title (converted automatically with Pykakasi)
ゲンシマノオホンチ

Roman Title (converted automatically with Pykakasi)
genshimanoohonchi

Title Translation (with Google Translate API)
The land of Itsukushima

Entity (with Google Natural Language API)

License
http://dl.ndl.go.jp/ja/iiif_license.html

Persistent ID
info:ndljp/pid/2539667

Title
厳島の御ほん地

Publisher

Call Number
853-247

Bibliographic ID
000007276404

Access Restrictions
インターネット公開(保護期間満了)

URL
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2539667

Publication Date
明暦3

Publication Date (W3CDTF fortmat)
1657

Database Label
国立国会図書館デジタルコレクション National Diet Library Digital Collections

Digitized Publisher
国立国会図書館 National Diet Library, JAPAN