古今要覧稿. 草木部橘1




Metadata
Description
幕府の命により、屋代弘賢が「総判」となり作成された類書(百科事典)。日本の事物の起源、沿革を、典拠となる文献をもとに示し、考証を加え分類編纂したもの。和歌、漢詩の作例や彩色図が付されたものも多数ある。屋代は、奈佐勝皐のすすめにより、天明年間(1781-89)に本書の編纂を志し私的に資料を集めていたが、上申を重ねた結果、文化7年(1810)に幕府の事業となった。編纂にあたっては、国学者栗原信充、本草学者岩崎常正なども加わり分担執筆した。一千巻を予定したが屋代の死により未完に終わった。旧蔵者伊藤圭介は屋代弘賢自筆とするが、詳細は不明。

Katakana Title (converted automatically with Pykakasi)
ココンヨウランコウ. ソウモクブタチバナ1

Roman Title (converted automatically with Pykakasi)
kokonyourankou. soumokubutachibana1

Entity (with Google Natural Language API)

License
http://dl.ndl.go.jp/ja/iiif_license.html

Persistent ID
info:ndljp/pid/2537187

Title
古今要覧稿. 草木部橘1

Publisher

Call Number
特7-125

Bibliographic ID
000007292832

Access Restrictions
インターネット公開(保護期間満了)

URL
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2537187

Creator
屋代弘賢

Database Label
国立国会図書館デジタルコレクション National Diet Library Digital Collections

Digitized Publisher
国立国会図書館 National Diet Library, JAPAN